2012年12月17日月曜日

eラーニングの配信のお知らせ


日弁連研修総合サイト(日弁連の会員専用ホームページ内にあります)のeラーニングでは現在倒産法と労働法の連続研修が始まっています。
このうち倒産法の連続研修の第1回目について配信が始まりました。
第1回目は法人破産事件を中心に申立代理人の初動について私(石川)と埼玉弁護士会の安田孝一先生とで解説しています。
2時間弱で手続選択から申立後までの申立代理人の役割について特に初心者や経験の浅い弁護士向けにお話をさせていただきました。
初回は無料ですが、是非とも研修パスポートを購入されて、今後配信される第2回目以降も見ていただければと思います(講師は各回毎に異なりますが、いずれも倒産事件については経験豊富な弁護士です)。
また、野村剛司先生が個人再生申立と未払賃金立替払制度を解説している講座もありますので、こちらもあわせてご覧ください。