2013年11月25日月曜日

「中小規模裁判所における法人破産事件処理の在り方」が掲載されました!

金融法務事情の最新号1982号(11月25日号)6頁以下に、日弁連倒産法制等検討委員会で書いた「中小規模裁判所における法人破産事件処理の在り方」が掲載されました。

法人破産のうち、(1)受任から申立てまで、(2)申立てから開始決定まで、(3)開始決定後、(4)集会運営、(5)産業廃棄物の処理の場面を検討したものです。

昨今話題となっている点を全国から参加しているメンバーで検討したものです。

タイトルは中小規模裁判所となっておりますが、内容は、東京、大阪も含め全国共通の話題だと思います。

是非参考にしていただきたいと思います。

以前紹介した『破産管財実践マニュアル』の執筆者3名で書いた「法人破産申立て・管財における留意点」自由と正義2013年7月号85頁以下と共にお読みいただくことで、理解がさらに深まるものと思っております。